追っかけわたしの特集

特集 : 川勝知事「コシヒカリ発言」

知事不信任決議案提出へ コシヒカリ発言、自民が臨時会招集を請求

 静岡県議会最大会派の自民改革会議は12日、川勝知事の「コシヒカリしかない」などと御殿場市をやゆしたと取れる発言を巡り対応を協議し、知事不信任決議案を提出する方針を決めた。同会派は同日、川勝知事に臨時会の招集を公明党県議団とともに請求。臨時会では同市の市民が10日に県議会に提出した川勝知事の辞職を求める請願の審議を求め、タイミングを見て不信任決議案も提出する。定数の4分の1以上の県議による請求に対し、知事は20日以内に臨時会を招集しなければならない。

川勝平太知事(左)に臨時議会招集の請求書を手渡す自民改革会議の野崎正蔵代表(中)、公明党県議団の蓮池章平団長=12日午前11時35分ごろ、県庁
川勝平太知事(左)に臨時議会招集の請求書を手渡す自民改革会議の野崎正蔵代表(中)、公明党県議団の蓮池章平団長=12日午前11時35分ごろ、県庁

 自民改革会議は12日午前、非公開の役員会を開き、知事の問題発言の対応を協議した。法的拘束力のある知事不信任決議案を提出するとの意見が大勢を占めたという。市民からの請願の審議を優先した上で、その後、不信任決議案を提出する。臨時会は12月定例会が開会する11月29日より前の招集を求める。
 同会派の野崎正蔵代表は役員会後の議員総会で不信任決議案を提出する方針を示し、出席した議員から異論は出なかった。
 地方自治法に基づく不信任の議決は出席議員の4分の3以上の賛成で可決する。可決すると、知事は10日以内に議会を解散しないと失職する。解散した場合、改選後の県議会で再び不信任決議案が提出されると今度は2分の1以上の賛成で知事は失職する。

いい茶0

川勝知事「コシヒカリ発言」の記事一覧

他の追っかけを読む