追っかけわたしの特集

特集 : この人

静岡人インタビュー「この人」 戸田陽一さん 清水海上保安部長に就任 

 名古屋海上保安部巡視船みずほ運用司令長、第十管区海上保安本部警備救難部次長を歴任し10月1日付で着任。清水への赴任は初めてで、風光明媚(めいび)な環境を気に入っている。名古屋市出身。50歳。

戸田陽一さん
戸田陽一さん

 ―抱負は。
 「海上交通の安全を確保する。清水港は県内企業が必要なエネルギーや部品が入ってきて、完成品を港から出す重要な港。安全な海を目指すのが静岡の経済活動を後押しする」
 ―清水の印象は。
 「赴任初日が晴天で、きれいな富士山が印象的だった。直近まで鹿児島にいて、桜島が目の前にあった。これからは富士山を毎日眺めながら仕事をする。新たな環境で一層励みたい」
 ―静岡では南海トラフ地震が危惧されている。
 「南海トラフ地震臨時情報が発表された場合、どのように港の機能や物流を維持するかが課題だ。今後関係者間で本格的な議論をしていくことになる」
 ―清水港の近未来像は。

 「安全に使ってもらえる港にしたい。土日の朝など三保湾を見に行くと、商船から小さなボート、マリンレジャーなど入り乱れている。楽しく仕事もできるし、遊ぶことができる港にしていきたい」
     ◇
 趣味はソロキャンプ。夜は星の写真撮影、朝はおいしいコーヒーを飲む。家族は妻と2女。単身赴任中。
 (清水支局・坂本昌信)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む