2023年開館の静岡市歴史博物館 初代館長に中村氏決定

 静岡市は9日、同市葵区の旧青葉小跡地に建設中で、2023年1月に開館予定の市歴史博物館について、静岡産業大総合研究所の中村羊一郎客員研究員を初代館長予定者に決定したと発表した。

中村羊一郎氏
中村羊一郎氏

 中村氏は元高校教諭で教育や歴史分野に造詣が深く、伝統芸能や民俗学、お茶文化などの研究にも携わってきた。現在は市歴史文化拠点推進監も務め、同博物館整備の指揮を執っている。
 同博物館は22年6月に工事が完了する予定。同7月にプレオープンし、正式な開館後は見ることができない展示工事の様子を見学するバックヤードツアーを開催する。
 田辺信宏市長は9日の定例記者会見で、同博物館での結婚式やバーとしての利用を提案し、「多面的な機能を追求した意欲的な施設に発展させてほしい」と述べた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ