御殿場コシヒカリ発言 川勝知事、釈明も謝罪もなく 県議が抗議文

 川勝平太知事が10月の参院静岡選挙区補欠選挙の応援演説で、御殿場市について「コシヒカリしかない」などと発言した問題が波紋を広げている。川勝知事は9日、緊急記者会見を開き、誤解だったと釈明したが、謝罪はなく、補選で自身が応援した候補の対立候補をおとしめる発言を会見中も繰り返した。県議会各会派からの批判が強まっており、最大会派の自民改革会議と公明党県議団、無所属4人の計49人が同日、連名で知事への抗議文を提出した。

川勝平太知事(左)に抗議文を手渡す野崎正蔵代表(中央)と蓮池章平団長=9日午後、県庁
川勝平太知事(左)に抗議文を手渡す野崎正蔵代表(中央)と蓮池章平団長=9日午後、県庁


 問題となっているのは、補選に当選した山崎真之輔氏の応援演説での発言。対立候補だった元御殿場市長の若林洋平氏を念頭に「あちらはコシヒカリしかない。ただ、飯だけ食って、それで農業と思っている」などと述べた。川勝知事はこの日の会見で「(若林氏は)ご飯が好きでご飯があれば何もいらないと言っていた。彼の農業観が表れている。この農業観では35市町の代表になり得ないという趣旨で、市や市民に対する批判ではなかった」と釈明した。
 会見後に知事室を訪れた自民改革会議の野崎正蔵代表と公明党県議団の蓮池章平団長は「県の一部地域を差別し、辱める発言をしたことは言語道断であり断じて容認できない」とする抗議文を川勝知事に手渡した。知事と一言も言葉を交わさずに知事室を後にした野崎代表は会見について「自分の意見を披露する場だった。火を消すどころか、火に油を注いだ」と不満をあらわにした。
 抗議文提出に加わらなかった知事与党のふじのくに県民クラブからも、懸念の声が聞かれた。知事に会見を開くよう進言したという佐野愛子会長は会見後、「謝罪になっていない。誤解を与えて申し訳なかったという言葉がなく不本意」と述べた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ