立冬を彩るポインセチア 富士宮で出荷

 7日は「立冬」。暦の上では冬の始まりとされ、朝晩の冷え込みが厳しくなるころ。富士宮市の「高橋園芸」(高橋忠彦代表)では冬を彩るポインセチアの出荷が始まった。

鮮やかに色づき、出荷が始まったポインセチア=6日午前、富士宮市
鮮やかに色づき、出荷が始まったポインセチア=6日午前、富士宮市

 約1100平方メートルのハウス内は鮮やかに色づいた赤や黄色、白のポインセチアがところ狭しと並んでいる。高橋さんは「一鉢置くと部屋が明るくなる。華やかさを楽しんで」と話した。
 出荷はクリスマス需要が高まる11月下旬に最盛期を迎え、12月中旬まで続く。

いい茶0
メールマガジンを受信する >