若者が大井川流域PR コース選定やポスター制作 島田、川根本町で「ドライブスタンプラリー」

 大井川流域観光事業実行委員会はこのほど、JAFや静岡デザイン専門学校と連携し、島田市、川根本町の観光資源を巡る「大井川ドライブスタンプラリー」を開始した。学生がコース選定やポスター制作を担当し「女子旅ドライブ楽しもう!」をテーマに若者目線で流域の魅力を発信する。来年1月30日まで。

ドライブスタンプラリーをPRする静岡デザイン専門学校の学生ら=島田市のKADODE OOIGAWA
ドライブスタンプラリーをPRする静岡デザイン専門学校の学生ら=島田市のKADODE OOIGAWA


 スマートフォンで参加登録し、6カ所の観光スポットで専用コードを読み取りスタンプを取得すると、抽選で特産品が当たったり、クーポン券が手に入ったりする仕組み。同校グラフィックデザイン科2年の上野桜子さん、桑原瑞紀さん、塩沢瑞季さん、杉山那友多さんの4人が企画段階から携わった。
 4人は蓬ライ(ほうらい)橋やふじのくに茶の都ミュージアム、道の駅フォーレなかかわね茶茗館などのスタンプスポットを実際に訪れ、ポスターは上野さんのデザインが採用された。上野さんは「緑茶の飲み比べがとてもおいしく、女性好みの名所が集まっていると感じた。ぜひ多くの人に訪れてほしい」と話した。
 (島田支局・中村綾子)

 ※蓬ライのライは草カンムリに来の旧字体

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ