静岡市職員 事務机次々開けて金盗む? 愛知・東海市役所、侵入と窃盗容疑で再逮捕

 愛知県東海市役所に忍び込み、現金を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで静岡市役所井川支所の主任技師の男(26)=窃盗罪などで起訴=が愛知県警東海署に再逮捕された事件で、容疑者が執務室などに侵入し、事務机の引き出しを次々に開けて現金を盗んでいたとみられることが2日、同署への取材で分かった。
 再逮捕容疑は9月20日午後5時から同21日午前4時20分ごろ、東海市役所に侵入し、同市職員14人の現金計約28万円を盗んだ疑い。同署によると、容疑者は無施錠の出入り口から侵入した後、3~6階で現金を盗んだとみられる。盗まれた現金に公金は含まれていないという。
 容疑者は「ヤミ金業者への返済やギャンブル資金のために盗みを始めた。愛知、静岡、神奈川各県の市役所や町役場で泥棒をした」と供述していて、同署が裏付けを進めている。
 静岡市の市川靖剛総務局次長は「職員が再逮捕されたことは市民の信頼を著しく損ない、改めて深くおわび申し上げる。捜査の状況を踏まえ厳正に対処する」とコメントした。

いい茶0
メールマガジンを受信する >