追っかけわたしの特集

特集 : こち女

オフィス「子連れで働ける環境に」 静岡の企業、改装資金募る

 シングルマザーの生活向上を理念に事業展開する静岡市駿河区のヴァリオス合同会社(石光代表)が、オフィスの移転に合わせ、クラウドファンディング(CF)で改装資金を31日まで募っている。スタッフが子連れでも安心して働けたり、地域の子どもを対象にした教室を開いたりできる環境の整備を計画している。

新たなオフィスでスタッフと打ち合わせする石光さん(右)=10月中旬、静岡市駿河区
新たなオフィスでスタッフと打ち合わせする石光さん(右)=10月中旬、静岡市駿河区

 同社は自身もシングルマザーの石さんが2019年4月に創業。より地域に溶け込み、多くの人に会社を知ってもらいたいと、9月に清水区のマンションの一室から、駿河区国吉田の路面店にオフィスを移転した。
 スタッフはシングルマザーを中心に雇用。SNS(会員制交流サイト)の運用など企業から請け負った仕事を子育て中の女性に代行してもらう事業や、映像制作などに取り組んでいる。
 創業時から「子どもと一緒に過ごせる職場を作りたい」と考えていた石さん。突発的な出来事があった場合に子どもの預け先が確保できず、仕事との両立に困難を抱えるシングルマザーは多い。
 CFで調達した資金で、防音機能があるパーティションやキッズスペースの備品を購入し、子連れでも気兼ねなく働ける環境を整えたいという。シングルマザーを講師に迎え、子どもにデザインや動画制作を教える「クリエーティブ教室」の開催なども構想する。
 今後はシングルマザーがスキルアップするための教育システムの体系化にも力を入れる。石さんは「シングルマザーの自立を応援し、静岡を全国からシングルマザーが集まり活躍できる街にしたい」と決意を語った。
 プロジェクトへの参加はCFサイト「キャンプファイヤー」で「石光」と検索する。

いい茶0

こち女の記事一覧

他の追っかけを読む