留学生と企業交流 藤枝でパネル討論会

 ふじのくに地域・大学コンソーシアムはこのほど、県内大学などに通う留学生を対象に、外国人採用に積極的な企業社員を招いたパネル討論会を藤枝市で開いた。約30人が参加し、各テーマに沿って意見交換した。

企業担当者が留学生と意見交換したパネル討論会=藤枝市
企業担当者が留学生と意見交換したパネル討論会=藤枝市

 外国人材に期待する点について、木村鋳造所(清水町)の溝口護海外営業部課長は「気負わず、ありのままのアイデアを会社に持ちこんでほしい」と語った。丸山製茶(掛川市)に勤める台湾出身のリョウ・ハイニンさんは「母国とのネットワークを生かし活躍して」と呼び掛けた。
 留学中に経験しておくと良いことも助言した。CSA不動産(静岡市葵区)の小島孝仁社長は「国内各地を旅行して見聞を広げ、ビジネスでのひらめきにつなげてほしい」と話した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >