川勝知事「リニアが争点、勝因」 参院補選、静岡で与党敗北

 参院静岡選挙区補欠選挙で無所属新人の山崎真之輔氏(40)の当選から一夜明けた25日、山崎氏を支援した川勝平太知事は報道陣の取材に「唯一の争点は、(自民党候補が)争点外しをしたリニア問題。無党派層が本当にここはやらないと静岡県が危ないと、党派性を超えてやったことが大きい」と勝因を語った。

参院補選の結果を受け、報道陣の取材に答える川勝平太知事=25日午前9時ごろ、静岡市葵区
参院補選の結果を受け、報道陣の取材に答える川勝平太知事=25日午前9時ごろ、静岡市葵区

 川勝知事は告示前から山崎氏支持を明確にし、選挙戦中は土日を中心に計5日間、応援演説に立つなど勝利の立役者となった。川勝知事は「(山崎氏も)当初はリニア問題は決着しているとの態度だった」と指摘し、選挙戦の途中から「明確に水を守るために南アルプス工事はやめるべきとなった。リニアもルート変更する以外に方法はないとはっきり言った」とリニア水問題への姿勢が選挙戦の潮目を変えたとの認識を示した。
 リニア水問題を除いて岸田文雄首相と山崎氏の主張に違いはないとも指摘した上で、「誰が厳しい審判を受けたかと言えば、自民党県連」と知事選でのリニア水問題への対応を引き合いに出し、批判した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >