体操世界選手権 18歳芦川うららが最年少V 67年ぶり

女子種目別平均台で金メダルを獲得した芦川うらら=北九州市立総合体育館(代表撮影)
女子種目別平均台で金メダルを獲得した芦川うらら=北九州市立総合体育館(代表撮影)

 体操の世界選手権最終日は24日、北九州市立総合体育館で種目別決勝後半を行い、女子平均台で芦川うらら(静岡新聞SBS、水鳥体操館)が初優勝した。18歳での金メダル獲得は日本女子で最年少記録。同種目では1954年大会の田中敬子以来、67年ぶり。
 芦川は6位通過だった予選から点数を伸ばし、14.100点で頂点に立った。今夏の東京五輪は種目別で6位だった。

いい茶0
メールマガジンを受信する >