テーマ : 福祉・介護

介護職員研修6人に修了証 沼津の障害者支援施設ワークスうしぶせ

 沼津市の障害者支援施設ワークスうしぶせ(石井昌明施設長)は21日、介護職員初任者研修の修了式を開き、資格を取得した20~21歳の利用者6人に修了証を交付した。

介護職員初任者研修を終了した利用者に修了証を手渡す宮城島理事長=沼津市のあしたか太陽の丘
介護職員初任者研修を終了した利用者に修了証を手渡す宮城島理事長=沼津市のあしたか太陽の丘

 5月から座学や近隣の特別養護老人ホームでの実習に取り組んだ。今後は福祉施設での就職を目指し、デイサービスでの職員補助として経験を積む。
 同施設を運営する社会福祉法人あしたか太陽の丘で開かれた修了式で宮城島好史理事長は「コロナ禍の研修で感染対策を実践的に学べた。若さと熱意と笑顔で、介護の世界での活躍を願います」と激励した。修了生の1人は「両親や姉が福祉の仕事に就いているので自分もやってみたいと思い受講した。実習で学んだことを生かして頑張りたい」と誓った。
 知的障害者の職域拡大に取り組むワークスうしぶせでは、これまでに計108人が受講し、うち53人が福祉施設に就職した。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む