追っかけわたしの特集

特集 : ものづくり最前線

紙包装入りの長巻きトイレ紙 丸富製紙(富士市) 脱プラやエコを前面に【静岡ものづくり最前線】

 通常の4~6倍の長さのトイレットペーパー「ペンギン芯なし超ロングシリーズ」に、脱プラスチックを意識して紙包装にした新商品を投入した。コロナ禍で在宅時間が増える中、家庭用のエコ商品として好まれている。

脱プラスチックなどを意識した紙包装入りも登場したペンギン芯なし超ロングシリーズ
脱プラスチックなどを意識した紙包装入りも登場したペンギン芯なし超ロングシリーズ

 新商品は1ロール200メートルのトイレットペーパー4個が包装紙に入る。1ロール50メートル商品の16個分に相当する。「シングル」と2枚重ねの「ダブル」があり、家庭需要の高まりを受けて肌触りの良いパルプ100%にした。紙芯がないことで起きる変形を防ぐため、工場から出た損紙から生成されたセルロース・ナノファイバー(CNF)を配合した液体を中心部に塗り、約20%強度を高めた。
 長巻き商品は取り換えの手間が減るほか、省スペース化の利点がある。輸送回数減少でCO2削減などの環境負荷低減効果に加え、包装を紙化してエコを前面に打ち出す。
 同社は1980年代から長巻き商品を生産。強度や吸水性を維持しつつ紙を薄くする技術で4倍巻きを実現した。裁断工程などを見直し、2015年に5倍巻き、21年に6倍巻きを販売開始し、5年でシェアが急伸した。日向孝夫常務は「外出回数を減らせる備蓄性の高さが好まれたのでは」と分析する。
 東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を運営する「オリエンタルランド」とは10年近い取引があり、今後、大手生活雑貨店で紙包装商品が取り扱われる予定。

 企業情報 富士市比奈678。1955年創業。従業員295人。

いい茶0

ものづくり最前線の記事一覧

他の追っかけを読む