若林氏先行/山崎氏猛追/鈴木氏懸命 参院静岡選挙区補欠選挙情勢

 新人3人が立候補している参院静岡選挙区補欠選挙(欠員1、24日投開票)について、静岡新聞社は15~17日の3日間、電話による世論調査を実施し、県内各地の取材を加味して情勢を探った。自民党新人の若林洋平氏(49)=公明推薦=がやや先行し、無所属新人の山崎真之輔氏(40)=立民、国民推薦=が猛追している。共産党新人の鈴木千佳氏(50)は広がりを欠いている。投票先を決めていない人が4割ほどいて、終盤に向けて情勢が変化する可能性がある。
 岸田文雄政権が誕生して初の国政選挙で、19日公示、31日投開票の衆院選の前哨戦となる。新型コロナウイルス感染症対策や経済対策など自公政権の評価が主な争点になる。
 投票率が低い傾向にある補選だが、近接する衆院選の立候補者との連動した活動で公示後、一気に関心が高まる可能性がある。投票率の行方は、組織、無党派層双方の動きに直結し、情勢に大きく影響しそうだ。
 12年超の御殿場市長としての経験を前面に押し出す若林氏は自民支持層の7割、公明支持層の4割近くを固め、保守層で強さを見せる。地盤のある県東部で優位に立ち、農林漁業、現業職などから高い支持を集める。ただ、出馬表明が告示の1カ月半前と遅かったこともあり、知名度不足が響き、支持政党を決めていない層に浸透していない。街頭演説よりも意見交換会を重視し、市長時代から重要視としてきたという「聞く姿勢」を強調する。
 山崎氏は推薦を受ける連合静岡傘下の構成組織が活発に動く。立憲民主党支持層の8割、国民民主党支持層の7割強を固め、支持政党を決めていない層でも他候補をリードする。浜松市を中心とした県西部で支持を広げ、年齢別では60代、職種別では商工自営業、自由業に浸透する。川勝平太知事の支援を受け、自民推薦候補に大勝した知事選の再来を狙う。街頭演説では地方の活性化策や知事と連携したリニア中央新幹線の水問題への対応をアピールする。
 鈴木氏は共産支持層の5割を固め、唯一の女性候補として子育て世代である30代で一定の浸透を見せる。富士市や静岡市では健闘するが、全体では広がりを欠く。リニア中央新幹線建設中止や浜岡原発再稼働反対を強調し、新たな支持層獲得に懸命になっている。

 〈調査方法〉15~17日の3日間、県内の有権者を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)方式で実施した。有権者がいる世帯に電話がかかったのは3330件で、うち1017人から回答を得た。結果は県内の性別、年代別構成など有権者の縮図を反映するよう計算処理した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >