沼津港人気プリン自販機で 混雑回避でき好評 自販機目当ての客も

 沼津市千本港町の沼津港で「沼津深海プリン工房 青とプリンとジェラートと」を運営する三島市の北海物産がこのほど、同店舗前にプリン専用の自動販売機を設置した。首都圏からの観光客でにぎわう同港で、店舗開店前や閉店後に混雑時を避け購入できると好評だ。

プリン専用の自動販売機=沼津市の「沼津深海プリン工房 青とプリンとジェラートと」
プリン専用の自動販売機=沼津市の「沼津深海プリン工房 青とプリンとジェラートと」

 コロナ禍の中、非接触での提供を模索し、自動販売機での取り扱いを企画した。商品落下時の型崩れを防ぐため、プリン一つ一つに緩衝材を巻き衝撃を抑える工夫を行うなどし、7月から自販機販売を始めた。
 設置から約3カ月、自販機目当ての客や仕事帰りの地元住民らが訪れ、朝には売り切れ状態になっている日もあるという。
 商品は、店舗で人気の「深深海プリン」や「プレーン」「塩キャラメル」など6種。今月下旬ごろまではシャインマスカットを使った生フルーツプリンが限定で楽しめる。同店の大野晴美店長は「食べたくなったらいつでも気軽に立ち寄ってほしい」と話した。
 〔関連施設〕沼津深海プリン工房 青とプリンとジェラートと

いい茶0
メールマガジンを受信する >