追っかけわたしの特集

特集 : こち女

お酒じゃなくてもいいかも【こち女ボイス】

 新型コロナウイルス感染症の流行で機会は減っていますが、家族や親戚、ごく親しい友人と誰かの家に集まったりすると、飲み物の調達係を命じられることがよくあります。
 仕事を終えては毎日のように飲む20~30代を過ごし、出産育児で遠ざかったものの、今でもどちらかと言えばお酒好き。それで“任命”されるのですが、近年ではノンアルコールの調達量が確実に増えました。もちろん飲酒運転は厳禁ですし、昔は大酒飲みだった親戚や同年代の友人の中にも、歳を重ねるほど「健康のため」とお酒を控えるムードがあるように思います。
 若い人にとってはさらに、お酒は「飲めるなら飲みたい」ものから変化しているようです。飲めない訳ではないけれど、「酔うことで時間を無駄にしたくない」などと考え、あえて飲酒を避ける傾向もあるのだそう。確かに、自分が“無駄にしてきた”膨大な時間を思うと複雑な思いもしなくはありません。
 それはさておき、最近驚くのは、このコロナ禍で一層進化したノンアルコール系飲料の味わい。かつての飲み友達の批判は承知の上で、「もうお酒でなくてもいいのでは」と思うことすらあるこの頃です。

いい茶0

こち女の記事一覧

他の追っかけを読む