地産地消推進で包括連携協定 天神屋と静岡県

 弁当総菜の天神屋(静岡市駿河区)と静岡県は13日、地産地消の推進や観光振興など8項目の包括連携協定を結んだ。天神屋の有田一喜社長と川勝平太知事が県庁で締結式に臨み、協定書に署名した。

包括連携協定を結んだ天神屋の有田一喜社長(右)と川勝平太知事=13日午後、県庁
包括連携協定を結んだ天神屋の有田一喜社長(右)と川勝平太知事=13日午後、県庁

 双方の資源を有効活用して県産品の販路拡大、県政情報の発信を進め、地方創生の実現を目指す。有田社長は「県民の長年のご愛顧に感謝し、地域への恩返しとして協定に基づく活動に力を注ぎたい」と述べた。川勝知事は「バイ・シズオカの取り組みを通じ、生産者と消費者に幸せの好循環を生み出すために協力したい」と語った。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ