産廃業アーバンに設備導入資金融資 日本公庫と静岡銀行

 産業廃棄物処理業のアーバン(御殿場市、織戸卓祥社長)は廃棄物の選別能力や作業効率向上のため、新たな機材4台を導入する。
 静岡銀行と日本政策金融公庫静岡支店から廃棄物精選設備導入資金として6億円の協調融資を受けた。新機材の導入により、廃棄物を焼却する際に発生する熱エネルギーの回収・利用や廃棄物のリサイクル率も高める。

いい茶0
メールマガジンを受信する >