⚽サッカー日本 豪州戦へてこ入れ 控え組がミニゲーム

 サッカー日本代表は9日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組第4戦のオーストラリア戦(12日・埼玉スタジアム)に向けて千葉市内で調整し、0-1で敗れた7日のサウジアラビア戦で途中出場した古橋(セルティック)ら控え組がミニゲームなどで汗を流した。

オーストラリア戦に向け、調整するGK権田=千葉市内
オーストラリア戦に向け、調整するGK権田=千葉市内

 既に2敗を喫し、オーストラリア戦も落とすと本大会出場が一段と厳しくなる。吉田(サンプドリア)や冨安(アーセナル)南野(リバプール)ら主力組はジョギングで体をほぐした後、ピッチに残って話し込んだ。
 
 ■必勝誓う権田「基本を高い水準で」
 権田(清水)がオンライン取材に対応した。最終予選3試合で2敗と厳しい状況に立たされているが、「自分たちから崩れないこと、声を掛け合うこと。基本を高いレベルでやり続けるのが大事」と前を向き、オーストラリア戦の必勝を誓った。
 3戦連続の先発となった権田はサウジアラビア戦の後半5分、相手の決定的なシュートを左足に当てて防ぐ好守でピンチを救った。しかし、「僕に与えられているのはゼロで抑えること」と言い、その後に失点したことを悔やむ。
 それでも味方のミスが絡んだ場面以外の守備には手応えを示し、「自信を持ってやれば(良い戦いが)できると思う」と強調した。
 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ