追っかけわたしの特集

特集 : こち女

マーマレード2年連続「金」 葵区の望月さん市役所訪問 世界大会の喜び語る-静岡

 英国で6月に開催されたマーマレードの世界大会「ワールドマーマレードアワード2021」で2年連続金賞を受賞した静岡市葵区の望月佐朋子さんが8日、市役所静岡庁舎を訪れ、田辺信宏市長に喜びを語った。

2年連続金賞受賞を報告した望月さん(右)=静岡市役所静岡庁舎
2年連続金賞受賞を報告した望月さん(右)=静岡市役所静岡庁舎

 金賞を取ったのは県が天然記念物に指定する「家康公お手植えミカン」と川根本町産のユズを使用した「柚子(ゆず)と家康みかんマーマレード」。世界中から寄せられた約3千品の中の約90種に選ばれた。お手植えミカンのみ、ユズのみを使った2種類も出品し、銀賞を受けた。
 葵区で「コンフィチュール工房ロサ・マリー」を主宰する望月さんは「静岡の味を世界に知ってもらいたくて出品した」と説明。パッケージには葵の御紋が添えられ「連続受賞をうれしく思う。葵の御紋を使っている使命として気を引き締めていきたい」と話した。
 田辺市長は「紋章を生かした世界レベルでの知名度向上に期待したい」と激励した。
 (政治部・池谷遥子)

いい茶0

こち女の記事一覧

他の追っかけを読む