追っかけわたしの特集

特集 : こち女

10月はピンクリボン月間 静岡市女性会館で「入浴着」パネル展

 10月は乳がんの早期発見・治療を呼び掛ける「ピンクリボン月間」。静岡市女性会館(同市葵区)で31日まで、乳がん経験者の女性たちでつくる団体「入浴着普及委員会 bath to LOVE(バストラブ)」の活動を伝えるパネルが展示されている。

入浴着の普及活動や、セルフチェック法について紹介するパネル展=静岡市葵区の市女性会館
入浴着の普及活動や、セルフチェック法について紹介するパネル展=静岡市葵区の市女性会館

 同団体は昨年、乳がんサバイバーの増田郁理さん(43)=同市清水区=が立ち上げた。乳がんの手術などをした人が公衆浴場で胸元をカバーできる「入浴着」の認知度アップと普及を図る活動を展開している。パネルで、昨年制作した入浴着の啓発動画や増田さんの体験談を紹介しているほか、入浴着の実物も展示している。
 同団体は9月、県内の若手医師らの協力を得て制作した乳房のセルフチェック動画もユーチューブで公開を始めた。増田さんは「日頃からセルフチェックを習慣化し、自身の体の変化に気付けるようにしてほしい」と活用を呼び掛ける。
 26日には、入浴着の普及をテーマに関係団体や医師、温浴施設などが意見交換するオンライン座談会を開く。参加の問い合わせなどは増田さんのメール<info@plus-brest.com>へ。
 

いい茶0

こち女の記事一覧

他の追っかけを読む