追っかけわたしの特集

特集 : こち女

静岡人インタビュー「この人」 青田好世さん(湖西市)遠鉄百貨店の売り場店長らによる遠鉄アワードで優勝した 

 浜松市中区の遠鉄百貨店が初めて実施した「お客様への寄り添いポイント」を1分間の動画で宣言するアワードで優勝した。本館1階化粧品販売のポーラの店長を2019年8月から務める。34歳。

青田好世さん
青田好世さん

 ―参加した各売り場の店長ら279人の中で優勝した感想は。
 「参加することに意味があった。他の売り場の動画を見て、接客などで参考になる気付きが多く得られた。そのような中での1位はすごくうれしい」
 ―宣言した内容は。
 「コロナ禍のマスク環境で肌のお手入れに後ろ向きの人が多い。お客さまのネガティブな様子を察してポジティブな言葉で応える取り組み『ネガポチェンジ』を前面に出して説明した」
 ―コロナ禍で接客は変化したか。
 「化粧品を試してもらうタッチアップが制限され、距離を縮めるためのトークや工夫が必要になった。アワードに参加することで、最優先でネガポチェンジに取り組むべきと明確になった」
 ―対面販売の強みは。
 「コロナ禍当初は、お客さまが離れてしまうと心配だったが手紙を出して絆が深まった。商品を使う前の期待感やスタッフしか知らない知識を付加価値として伝えていきたい」
     ◇
 刑事ドラマ鑑賞が趣味。刑事の正義感や心ある温かさに引かれる。

いい茶0

こち女の記事一覧

他の追っかけを読む