テーマ : 福祉・介護

自閉症アマンダさん個展 11日まで浜松・遠鉄百貨店

 浜北特別支援学校中学部1年の日系ブラジル人アマンダ・デ・ゴドイさん(13)の個展が11日まで、浜松市中区の遠鉄百貨店6階ギャラリーロゼで開かれている。

作品の前で並ぶアマンダさん(右)と在浜松ブラジル総領事=浜松市中区の遠鉄百貨店
作品の前で並ぶアマンダさん(右)と在浜松ブラジル総領事=浜松市中区の遠鉄百貨店

 自閉症で言葉によるコミュニケーションが困難なアマンダさんが、アクリル絵の具を使って自由に表現した絵画20点を紹介している。赤と青など大胆な色の組み合わせや、水の流れのように色が混ざり合う画風が特徴。支援する美術家の高橋仁さんによると、スポイトやスプレー、はけなどさまざまな道具を使って制作することもあるという。
 在浜松ブラジル総領事館が主催した。初日はガルシア・アウデーモ総領事が来場し、「ブラジル人には才能豊かな人がたくさんいる。できるだけ支援したい」と述べた。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む