焼津港カツオ抜き取りか 水産加工会社被害、焼津署が捜査

 焼津漁港で水揚げされ、焼津市内の水産加工会社が所有するカツオの一部が、倉庫で保管されるまでの過程で抜き取られる被害に遭っていたことが、7日までの関係者の取材で明らかになった。焼津署は窃盗の疑いでの立件を視野に捜査を進めている。
 関係者によると、今年春頃に焼津漁港で水揚げされたカツオの一部が、販売までの間、保管されている倉庫では、本来所有する会社と異なる市内の別会社の名義に変わっていたという。
 水揚げしたカツオは漁港内で計量され、漁船名やサイズ、規格などを記した「送り状」の発行を受ける。運搬時には、送り状を保管先に示し、水揚げしたカツオの所有者を明確にしている。
 運搬前に計量所を通過しなかったり、保管先に送り状を示さなかったりするなどして、漁獲したカツオが抜き取られていた可能性が指摘されている。

いい茶0
メールマガジンを受信する >