「御船印」で船巡り 駿河湾フェリー、富士山と駿河湾を浮世絵風に

 一般社団法人ふじさん駿河湾フェリーは5日、清水―土肥港間を結ぶ駿河湾フェリーで「御船印」の船内販売を開始した。神社仏閣の御朱印にちなみ、全国の船会社が取り組んでいる御船印めぐりプロジェクトに賛同した。

駿河湾フェリーで販売されている御船印(一般社団法人ふじさん駿河湾フェリー提供)
駿河湾フェリーで販売されている御船印(一般社団法人ふじさん駿河湾フェリー提供)

 駿河湾フェリーの御船印は縦15センチ、横10センチ。1枚300円(税込み)。日本一高い山の富士山と、日本一深い湾の駿河湾を浮世絵風にデザインした。プロジェクト参加社の中で「第57番社」に数えられる。
 法人の担当者は「日本周遊の一つの楽しみ方として御船印集めを提案する。インバウンド客の獲得にもつなげたい」と話す。御船印集めに活用できる日本旅客船協会公式の「船印帳」(税込み1980円)も販売する。

いい茶0
メールマガジンを受信する >