淡島渡し船 2隻差し押さえ 静岡地裁沼津支部、社債償還訴訟巡り

 水族館などを経営する株式会社淡島マリンパーク(沼津市)名義の債券の償還金が支払われないとして、同市の男性会社役員(78)が同社に社債償還などを求めた訴訟を巡り、静岡地裁沼津支部は5日、淡島への渡し船として利用されている小型船舶4隻のうち、2隻を差し押さえた。

小型船舶を差し押さえる執行官(右から2人目)ら=5日午後、沼津市内
小型船舶を差し押さえる執行官(右から2人目)ら=5日午後、沼津市内

 判決文などによると、原告の男性は2017年に同社名義の債券100万円を2口購入したが、19年6月の満期を迎えても償還金が支払われなかった。
 男性は、小型船舶の仮差し押さえを申し立て、同地裁支部は同年12月、債権執行を保全するための仮差し押さえを決定した。20年1月に男性が社債償還請求を提起し、同地裁支部は21年6月、200万円を同社の不当利得と認めていた。同社は判決を不服として東京高裁に控訴している。
 沼津市内で5日、同地裁支部の執行官2人が全長10メートルほどの船舶に乗り込み、2隻の船内に公示書を貼付。現場保管とし、鍵と船舶検査証を回収した。残る2隻のうち、1隻は従業員らの移動手段を確保するために差し押さえしなかった。もう1隻は別の港に係留されているとみられ、同地裁支部はこの2隻の対応も検討している。
 原告の男性は「決着は付いていないが、気持ちの面で一段落できた」と話した。同社は「全ての船が動かせない状況にならない限り、営業は継続していきたい」としている。
 淡島マリンパークを巡っては、淡島ホテル(同市)の旧運営会社の破産手続きに関し、財産を債権者の不利益になるように処分したとして、淡島マリンパークの社長、親会社の社長ら5人が、破産法違反(詐欺破産)容疑で沼津署と県警捜査2課に逮捕された。

いい茶0
メールマガジンを受信する >