焼津かつお節のうまみ味わって 東洋水産がチルド麺発売

 東洋水産は1日、焼津産かつお節を100%使用したチルド麺「マルちゃん 昔ながらの中華そば 焼津かつお醤油味」を発売した。同社の松本健司静岡支店長が同日、焼津市役所を訪ね、中野弘道市長に新商品の発売を報告した。

新商品の発売を報告する松本支店長(右)=焼津市役所
新商品の発売を報告する松本支店長(右)=焼津市役所
1日から発売された「マルちゃん 昔ながらの中華そば 焼津かつお醤油味」
1日から発売された「マルちゃん 昔ながらの中華そば 焼津かつお醤油味」
新商品の発売を報告する松本支店長(右)=焼津市役所
1日から発売された「マルちゃん 昔ながらの中華そば 焼津かつお醤油味」

 新商品は、のどごしのよい細麺に、かつお節のうまみを利かせたしょうゆ味のスープを合わせたのが特徴。パッケージに市のマスコットキャラクター「やいちゃん」を掲載し、焼津らしさをアピールしている。
 工場が焼津市内にある縁などから、静岡支店が焼津産の食材を使った商品を作りたいと企画した。本県や関東・中京地区の量販店や小売店で販売している。希望小売価格は168円(税抜き)。
 報告の後に、中野市長やこの日地域プロジェクトマネージャーに就任した三浦愛さんらが新商品を試食した。三浦さんは「かつお節のおいしい部分が出ている」と絶賛。中野市長は「地元の味が商品化されてうれしい」と喜んだ。

いい茶0
メールマガジンを受信する >