追っかけわたしの特集

特集 : こち女

浜松城 ピンクにライトアップ 乳がん検診啓発へ浜松の医師ら

 浜松市の医師らでつくるNPO法人「いかまい検診浜松」(吉田雅行理事長)は1日夜、乳がん検診の受診率向上と、乳がんについて正しい知識を広めようと同市中区の浜松城をピンク色にライトアップした。

ピンク色にライトアップされた浜松城=浜松市中区
ピンク色にライトアップされた浜松城=浜松市中区

 10月の乳がん月間とピンクリボン運動をPRする活動の一環。午後6時に照明が点灯されると、浜松城がピンク色に浮かび上がった。夜間のライトアップは3日まで。
 聖隷浜松病院乳腺科の医師でもある吉田理事長によると、昔と比較して検査機器の性能向上と検査技師の技術向上によりマンモグラフィー検査に必要な時間は短く、痛みも伴わずに検査ができるようになってきているという。
 吉田理事長は「自分の乳房の状態を意識することを生活習慣にするブレスト・アウェアネスを20歳から始め、変化に気づいたらためらわずにすぐに病院に行くようにしてほしい」と話した。

いい茶0

こち女の記事一覧

他の追っかけを読む