遠鉄電車 初乗り20円値上げへ コロナ禍で利用客減

 遠州鉄道(浜松市)は29日、鉄道線の初乗り運賃を20円値上げし、140円にすると発表した。コロナ禍の利用客減が影響した。現行160~240円区間は10円加算する。同日、国土交通省に申請し、来年2月1日から改定する予定。消費税増税に伴う運賃改定を除くと、39年ぶりの値上げ申請になる。

新浜松駅を出発する遠州鉄道の電車=浜松市中区
新浜松駅を出発する遠州鉄道の電車=浜松市中区

 現行280円以上の区間の運賃は据え置く。定期券は利用距離8キロまでを値上げする。改定率は定期2・7%、定期外4・6%。
 同社によると、2020年度の利用実績は前年度比29%減の729万人。鉄道部門の収入は31・1%減の12億2700万円で、損益は2億3400万円の赤字に転落した。
 21年度の各月も利用客はコロナ前と比べて25~40%減と厳しい状況が続いている。運賃の値上げで、11年度から28年度までに総額30億円を見込む高架区間の耐震補強や、駅のバリアフリー化工事などの投資に備える。年間5千万~6千万円の収入改善を見込むが、改定後22~24年度の年間平均損益は3千万円の赤字見通しという。
 同社の小野田剛久取締役運輸事業本部長は「コロナが収束しても利用客はコロナ前と同水準には戻らないとみている。営業努力を続けたい」と話した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >