盗品保管疑いの2人逮捕 都内在住ベトナム人、大量万引で静岡県警

 ベトナム人グループによる大量万引事件を捜査していた浜松中央、浜松西両署、静岡県警国際捜査課、捜査3課などの合同捜査班は28日、窃盗グループから郵送された盗品を受け取り、保管していたとして組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)と盗品等保管の疑いで、都内のベトナム国籍の男2人を逮捕した。合同捜査班は2人が盗品の受け取り役だったとみて調べを進める。
 2人の逮捕容疑は1月下旬と2020年6月上旬、愛知県内のスーパーマーケットで万引されたカミソリの替え刃など18点(計約1万7千円相当)、掛川市内のドラッグストアで万引された医薬品6点(計約2万2千円相当)を、それぞれ自身が経営する豊島区の会社で受け取り、保管した疑い。浜松中央、浜松西両署が窃盗容疑で摘発した2つのベトナム人グループの捜査で判明した。
 合同捜査班は盗品がベトナムに送られていた可能性もあるとみて実態解明を進める。

あなたの静岡新聞 アプリ