茶況(9月22日)橋幸夫さん楽曲ちなみ茶太郎茶 牧之原で発売

 まきのはら活性化センター(牧之原市)は9月中旬から、静岡牧之原茶親善大使を務める歌手、橋幸夫さんの楽曲にちなんだ「ちゃっきり茶太郎茶」の販売を始めた。ファンを中心に話題を集め、売上は既に100万円を超えた。

橋幸夫さんの楽曲にちなんだ「ちゃっきり茶太郎茶」。9月中旬から販売が始まった=牧之原市のまきのはら活性化センター
橋幸夫さんの楽曲にちなんだ「ちゃっきり茶太郎茶」。9月中旬から販売が始まった=牧之原市のまきのはら活性化センター

 同市内の茶商が製造した深蒸し茶の商品で、パッケージに橋さんや茶畑の写真がデザインされている。茶葉100グラム入りのリーフ茶と、ティーバッグが5個入った商品の2種類を展開。今後はふるさと納税の返礼品として取り扱うほか、パッケージや容量などを変えながらラインナップを増やす方針。
 橋さんも自身のファンクラブの会員に茶太郎茶をPRするなど、販売促進に協力する。同センターには県内外から多くの問い合わせが来ているという。中山史一センター長は「橋さんのファンを中心に牧之原茶のおいしさを知ってほしい」と話している。
 1個1千円(税込み)。問い合わせ、注文は同センター<電0548(23)3150>へ。
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >