感染症専門施設、基本構想策定へ 静岡県、年度内目指し協議

 静岡県は2021年度、新型コロナウイルス禍の経験を踏まえ、新興感染症対策の拠点となる感染症専門施設(感染症専門病院)の設置に向けた検討に入る。本年度一般会計9月補正予算案に事業費900万円を計上した。医療関係者による検討委員会で方向性を協議し、年度内の基本構想策定を目指す。
 感染症専門施設については、県医師会や県病院協会など県内の医療関係者から、設置を求める提言が出ていた。県は新型コロナ対応における県外での臨時病院の開設や病院の機能転換などの事例のほか、県内病院の病床稼働率などを調査、分析する。感染症専門医などの医療関係者で構成する検討委は年度内に複数回開催し、専門施設に必要な設備や医療従事者の確保の在り方などを協議する。
 県感染症対策課によると、国も新型コロナの対応を踏まえて医療計画などに新興感染症の対応を盛り込む方針だが、感染症専門施設の具体的な在り方はまだ示されていない。同課の担当者は「(専門施設は)常に病床を持つ病院のほか、平常時は研修施設などとして使い、有事に病床機能を持つ臨時型の施設なども選択肢になりうる。県として現時点でできる検討を進める」としている。
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >