優勝へチーム一丸 B3ベルテックス静岡、開幕前に意気込み

 10月2日にバスケットボール男子Bリーグ3部(B3)が開幕するのを前に、静岡市をホームタウンとするベルテックス静岡の選手らが21日、市役所静岡庁舎を訪れ、田辺信宏市長に新シーズンの意気込みを語った。

新シーズンへの意気込みを語ったオフコートキャプテンの大石選手(右)=静岡市役所静岡庁舎
新シーズンへの意気込みを語ったオフコートキャプテンの大石選手(右)=静岡市役所静岡庁舎

 地域貢献や情報発信など、コート外での活動の中心となるオフコートキャプテンの大石慎之介選手(33)=沼津市出身=は「東京五輪・パラリンピックでバスケが波に乗っている。コート外でもバスケの魅力を伝えていきたい」と決意を述べ、「個々の能力に頼らず組織的にバスケをし、優勝を目指し頑張っていきたい」とチームとしての抱負も語った。
 ベルテックスは昨季4位で前季の10位からの躍進を果たした。今季は参戦チームが11チームから15チームに増え、一層厳しい戦いが予想される。アルゼンチン出身のファクンド・ミュラー監督は「チーム全員で戦えば不可能な順位はない」と手応えを示した。
 田辺市長は「頂に向けて躍進し、私たちに元気や勇気を与えて」と激励した。
 チームの初戦は10月2、3日にホームの市中央体育館で行われ、東京八王子ビートレインズと対戦する。
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >