記者コラム「清流」 オンライン“授業”の壁 

 新型コロナウイルスのデルタ株が拡大する中、夏休み明けの授業にICT活用を求める声が上がった。小中を対象とした1人1台端末の整備でハードルは下がったが、オンラインの遠隔授業にはまだ低くない壁がある。
 文部科学省が認める遠隔授業には、過疎地の分校と本校を結ぶ授業など、両端で教員らが対応するとの条件がある。休校時の活用は「オンライン学習」と呼ばれ、原則は家庭学習の補完という位置づけだ。対話や非言語コミュニケーションが制限される中で、どんな形式の遠隔学習を授業の代替として扱えるかという検討は道半ばだ。
 県内でも分散登校での授業配信などに挑戦する学校が出始めた。学習効果や課題の検証が進むことに期待したい。
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >