追っかけわたしの特集

特集 : 福祉・介護

富士川SA観覧車、オレンジ色に 世界アルツハイマーデー

 世界アルツハイマーデーの21日、富士市の東名高速道上り富士川サービスエリアにある観覧車「フジスカイビュー」のライトアップが行われ、啓発のイメージカラーであるオレンジ色に輝いた。

世界アルツハイマーデーの啓発のためオレンジ色に光る観覧車=富士市内
世界アルツハイマーデーの啓発のためオレンジ色に光る観覧車=富士市内

 アルツハイマーデーは認知症の啓発を目的にした取り組み。観覧車のライトアップはことしで3回目。認知症の人と家族の会県支部が主催した。
 夕暮れに点灯した観覧車のライトは、中心部から放射状に広がったり、風車のように回転したりと、多彩な効果で光を放った。
 同会が全国各所のライトアップをオンラインで発信し、観覧車前からは県支部世話人らがPRした。世話人の1人は「オレンジに光る観覧車を見て、誰もがなりえる認知症への関心が高まれば」と期待した。
 

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む