テーマ : 福祉・介護

認知症理解へオレンジ装飾 三島市「街中ほっとサロン」

 三島市は世界アルツハイマーデーの21日、同市中央町に設置している高齢者の暮らし相談室「街中ほっとサロン」を認知症シンボルカラーのオレンジ色にドレスアップした。市役所ロビーでは、県の委託を受けたグループホームが認知症に関するパネル展示と個別相談を行った。

オレンジ色に装飾された街中ほっとサロン=三島市中央町
オレンジ色に装飾された街中ほっとサロン=三島市中央町

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う9月末までの閉館期間に合わせ、同サロンの大通りに面した窓ガラスなどをオレンジ色の掲示物で装飾した。認知症カフェなどの取り組みや「認知症でもできることはある」など家族会のメッセージを展示しているほか、認知症患者や家族が手作りしたキャラクター「ロバ隊長」のマスコットも飾り付けた。
 市役所ロビーでは、グループホーム「みのり」(同市)の運営会社のスタッフがブースを構え、認知症患者や家族の相談に応じた。パネル展示では認知症の仕組みや患者、支援者の活動などについて説明し、正しい理解を呼び掛けている。
 街中ほっとサロンのドレスアップと市役所の展示は9月末まで行っている。
 

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む