追っかけわたしの特集

特集 : この人

静岡人インタビュー「この人」 高橋由利子さん 磐田市初の女性副市長

 静岡県の民間採用第1号として1998年に入庁。男女共同参画課長などを経て現職。磐田市初の女性副市長。静岡市駿河区出身。58歳。

高橋由利子さん
高橋由利子さん

 ―就任の抱負は。
 「市長の方針をよく理解した上で、職員の方のこれまでの仕事や練り上げた考えとの調整を図り、迅速に事業を進めるのが自身の務め。これまでの行政職員経験を総動員して臨みたい」
 ―市の印象は。
 「国府が置かれていた歴史もあり、この地に息づいている落ち着きや風格を感じる。市自ら考案した磐田方式の取り組みも多い。データで見ると、人口や産業など多様な分野で県内上位に位置し、充実している。市がより外から評価されるよう発信に努めたい」
 ―注力したいことは。
 「喫緊では新型コロナ対策が急務だが、長期的には市に落ちるお金を増やし、豊かさを維持する策を考えていく必要がある。スポーツを核とした交流人口増加など、新しい産業につながる資源は多い。市の発展につながる切り口や分野をさらに増やしていきたい」
 ―組織への考え方は。
 「性別にかかわらず、個性と能力に応じて仕事ができる働きやすい市役所を目指したい。職員の方とは今後仕事で関わりながらコミュニケーションを取り、思いや考えを共有したい」
    ◇
 趣味は美術館、博物館巡り。コロナ禍前は年約200の企画展を巡った。
 

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む