富士山「初冠雪」取り消し 20日に最高気温更新、異例の再発表へ

 気象庁は22日、9月7日に発表した富士山の初冠雪を取り消すことを決めた。初冠雪は富士山で日ごとの平均気温が、その年の最高となって以降に甲府地方気象台から雪が確認できた日としている。20日に最高気温を更新し、発表基準を満たさなくなった。

7日、山頂付近に雪が積もった富士山。「初冠雪」と発表されたが、取り消された(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
7日、山頂付近に雪が積もった富士山。「初冠雪」と発表されたが、取り消された(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)

 気象台によると、8月4日に平均気温9・2度を観測し、その日以降、平均気温はマイナス0~8度台で推移した。9月7日に雪が確認され、初冠雪と発表した。平年より25日早く、昨年より21日早かった。
 ところが、20日に東海地方の上空に温かな空気が流れ込み富士山頂も気温が上昇。平均気温10・3度を記録した。「正確な記録を確認中」(同気象台)だが、こうしたケースは異例とみられる。今後の冠雪で改めて発表する。
 静岡地方気象台によると、県内は高気圧に覆われ、この先1週間は晴れる見込み。初冠雪は10月以降に持ち越しとなりそうだ。

いい茶0
メールマガジンを受信する >