バッテリー交換式 電動商用車開発へ エッチ・ケー・エスなど

 エッチ・ケー・エスは21日、伊藤忠商事など複数の企業と共同でバッテリー交換式の電動商用車を研究開発し、物流網の脱炭素化を促すプロジェクトを手掛けると発表した。環境省がこのほど公募した本年度の実証事業として採択された。
 稼働時間が長い商用車は充電器の運用に課題があり、電気自動車(EV)化が進んでいないとされる。そこでエッチ・ケー・エスなどはバッテリー交換式トラックを開発し、充電には再生エネルギー由来の電力を活用することで、持続可能で地域貢献型の脱炭素型交通・物流モデルの構築を目指す。
 事業にはいすゞ自動車、JFEエンジニアリング、ファミリーマートの3社も参画する。バッテリー交換式トラックをはじめ、バッテリーパック、バッテリー交換ステーションを開発した上でコンビニ店の配送車として埼玉県周辺で運用し、走行実証を行うとしている。
 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ