テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 安藤聡さん 焼津ライオンズクラブ会長に就任

 7月に第56代会長に就いた。新型コロナの影響で活動に制限がかかる中で新しい形の奉仕を模索する。贈答品販売の大勝堂外商部社長。63歳。

安藤聡さん
安藤聡さん

 ―会長就任の抱負は。
 「本年度のスローガンを『互いを高め 琴線にふれる奉仕を』とした。コロナ禍だからこそ、まずは身近な存在である家族や職場の人たちに喜ばれるようなことを主眼に置いて取り組みたい。その一つ一つが広がれば大きな奉仕につながっていくと思う」
 ―本年度の活動内容は。
 「新型コロナの影響で原則として屋内で人を集めての取り組みは控えざるをえない。年2回の献血、11月に予定している海岸清掃を軸に展開し、少しでも社会に貢献できればと考えている」
 ―新型コロナへの対応は。
 「月2回の例会は8月ごろから書面を交わして確認する形式にしている。本来、会員同士で顔をつきあわせて会話することが重要。感染状況を見て、通常の方式に戻したいが、同時にリモート会議といった新しい方法の導入も考えている」
 ―今後の目標は。
 「焼津ライオンズクラブ60周年に向けてメンバーの維持拡大が大きな課題となっている。活動内容を発信し加入促進を図りたい」
     ◇
 趣味は昨年から始めたウクレレ。
 

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む