沼津商議所 会員事業所従業員にワクチン接種 明電舎余剰分活用

 沼津商工会議所は21日、希望する会員事業所の従業員を対象にした新型コロナウイルスワクチン接種を沼津市東間門の明電舎沼津事業所で行った。

接種に臨む会員事業所の従業員=沼津市東間門の明電舎沼津事業所
接種に臨む会員事業所の従業員=沼津市東間門の明電舎沼津事業所

 11事業所の49人が明電舎社員とともに接種に臨んだ。同社で約3千人に行ったワクチンに余剰が生じ、「地元事業所にも役立ててほしい」(奈良直紀所長=商議所副会頭)と会員事業所に充てた。市内を中心に同社の取引先の希望者も対象にした。ワクチンはモデルナ社製。三島中央病院(三島市)の協力を得て行った。2回目は10月19日。

いい茶0
メールマガジンを受信する >