自転車事故多発の静岡市 トラック衝突、保育士の女性死亡

 21日午前7時45分ごろ、静岡市葵区牧ケ谷の県道交差点で、大型トラックが同市駿河区向敷地、保育士の女性(47)の自転車と衝突した。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。静岡中央署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、大型トラックを運転していた茨城県日立市久慈町7丁目、会社員の男(54)を現行犯逮捕した。静岡市内では今年に入り、自転車の絡む死亡事故が多発していて、県警が警戒を強めていた。

トラックと自転車が衝突した現場付近=21日午前9時ごろ、静岡市葵区牧ケ谷(画像の一部を加工しています)
トラックと自転車が衝突した現場付近=21日午前9時ごろ、静岡市葵区牧ケ谷(画像の一部を加工しています)

 現場は信号機のある片側1車線の交差点。同署によると、容疑者の大型トラックが左折する際に、直進していたとみられる女性の自転車を巻き込み数十メートルにわたり引きずったという。同署は容疑を過失致死に切り替え、事故の詳しい状況などを調べている。
 同市で今年発生した自転車の死亡事故は9件で、前年の0件から大幅に増えている。県警や県、市などは3日に緊急対策会議を同署で開き、取り締まりや街頭指導、広報啓発活動などの対策強化を確認していた。

 
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >