追っかけわたしの特集

特集 : 海の幸

西伊豆のマルソウダ 刺し身でどうぞ 直売所、静岡のすし店で提供

 旬のソウダガツオを希少な刺し身で味わって-。県と西伊豆町の産地直売所「はんばた市場」が、伊豆西南沖で捕れたソウダガツオの一種「マルソウダ」の生食用商品を開発した。安価な加工用としての流通が主流だが、管理方法を見直し、商品化にこぎ着けた。18日から、協力先のすし屋「回転寿司のぶちゃん本店」(静岡市清水区)で提供する。

「夕陽の町の活け〆ソウダガツオ陽の丸」を使ったすし=静岡市清水区の「朝獲れ回転寿司のぶちゃん本店」
「夕陽の町の活け〆ソウダガツオ陽の丸」を使ったすし=静岡市清水区の「朝獲れ回転寿司のぶちゃん本店」
品質管理が難しく加工用の出荷が多いマルソウダ(県提供)
品質管理が難しく加工用の出荷が多いマルソウダ(県提供)
「夕陽の町の活け〆ソウダガツオ陽の丸」を使ったすし=静岡市清水区の「朝獲れ回転寿司のぶちゃん本店」
品質管理が難しく加工用の出荷が多いマルソウダ(県提供)

 マルソウダは夏から秋にかけて温暖な海域に生息する。鮮度低下が速いため、宗田節の原料に使われることが多い。漁獲直後に船上で血抜きし、直売所で真空にした切り身をアルコールの急速冷凍機で保管するなど、品質や衛生管理を工夫し開発に成功した。商品は町自慢の夕日にちなんで「陽の丸(ひのまる)」と名付けた。
 同事業は水産資源の埋もれた価値を見いだし、ブランド化につなげるのが狙い。漁をする塩徳丸(同町)の塩谷奉民船長は「マルソウダは本来、値が付かない魚。生食が普及すれば、西伊豆の漁の活性化や知名度向上につながる」と期待する。
 味は本がつおに比べてさっぱりとしていて、赤身のうま味や風味がストレートに味わえるのが特徴。同店を経営する「のぶちゃん」の洞江典征社長は「(マルソウダの)すしの魅力が広く知れ渡り、漁業振興に一役買えれば」と話した。
 

いい茶0

海の幸の記事一覧

他の追っかけを読む