追っかけわたしの特集

特集 : 海の幸

浜名湖「秋のごちそう」 クマエビ漁最盛期 浜松・西区

 浜名湖でクマエビ漁が盛期を迎えている。特徴的な赤い足にちなんで「アカアシエビ」とも呼ばれ、浜松市西区の浜名漁協雄踏支所では16日も、体長15~20センチのやや大型のエビが競りかごいっぱいに水揚げされた。

水揚げが盛期を迎えている浜名湖特産のクマエビ=浜松市西区の浜名漁協雄踏支所
水揚げが盛期を迎えている浜名湖特産のクマエビ=浜松市西区の浜名漁協雄踏支所

 真夏を過ぎると市場に出回るため、秋の訪れを告げる浜名湖の特産として知られる。同支所によると、今年は例年より少し早く8月初旬から網にかかり始めた。身は柔らかくて甘く塩焼きや天ぷら、エビフライ、塩ゆでなどさまざまな調理方法で味わえる。地元では秋祭りのごちそうとして重宝されている。
 浜名湖は国内有数の産地で、2020年の漁獲量は2753キロだった。漁の盛期は9月末まで続く。


 

いい茶0

海の幸の記事一覧

他の追っかけを読む