静岡県立大留学生2人に奨学金 天野回漕店

 静岡市清水区の総合物流業「天野回漕店」(山田英夫社長)は13日、同社が支給する奨学金制度の対象に選んだ県立大(同市駿河区)の留学生2人に奨学生認定書を授与した。同区港町の社屋と県立大をインターネット中継でつなぎ、授与式を開いた。

インターネット中継を利用し行われた県立大留学生への奨学生認定書授与式=13日午後、静岡市清水区の天野回漕店
インターネット中継を利用し行われた県立大留学生への奨学生認定書授与式=13日午後、静岡市清水区の天野回漕店

 奨学生に選ばれたのは中国出身の劉俊薇さん(23)とベトナム出身のヴィ・ティ・ゴック・チンさん(25)。共に国際関係学部の3年生で、劉さんは「外国にルーツを持つ子どもらへの教育」、ヴィさんは「発展途上国の現状と経済発展方法」を研究している。
 山田社長は奨学金制度について国際物流業を営む上でお世話になっている各国の人々への恩返しと説明し「2人には母国と日本との懸け橋になってほしい」と激励した。
 同社の奨学金制度は1995年に始まり、主にアジア諸国からの留学生らを支援してきた。2人には1年で計60万円を支給する。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ