テーマ : 福祉・介護

高齢女性保護に貢献 清水署 女子中生2人に感謝状

 静岡市清水区の清水第八中の女子生徒2人がこのほど、登校中に高齢女性を保護したとして清水署から署長感謝状を贈られた。

高齢者の保護に貢献した女子中学生2人の行動をたたえた感謝状贈呈式=清水署
高齢者の保護に貢献した女子中学生2人の行動をたたえた感謝状贈呈式=清水署

 同校3年の池田愛奈さんと宮原夢生さんが表彰を受けた。2人は7月16日朝、学校への道すがら女性から「追分はどちらですか」と声をかけられ方向を説明した。しかしその後女性が逆方向に歩いて行ったため、不安になって引き返して女性に声をかけるとともに学校を通じて警察に連絡し、女性の保護に貢献した。同署によると、女性は認知症の疑いがあったという。
 同署で開かれた贈呈式で財津康署長は「これからも優しい気持ちを持って励んでほしい」と2人の行動をたたえた。池田さんと宮原さんは「おばあさんが無事に家に帰れて良かった」「自分だけではなく相手のことも考えて、何が大事か選んで行動していきたい」と話した。

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む