掛川市 市内事業者に給付金10~15万円

 掛川市は10日、新型コロナウイルス感染拡大で売り上げが減少した市内中小企業を支援する応援給付金事業を実施すると発表した。開会中の市議会9月定例会に、事業費1億5800万円を盛り込んだ補正予算案を追加議案として提出した。
 給付額は法人15万円、個人事業主10万円で1回限り。新型コロナの影響で、4~9月のうち任意の1カ月の売上高が前年または前々年の同月と比べて30%以上減少した事業者が対象。休業要請などに基づく県の協力金の支給対象事業者は除外する。
 市は1300件の申請を見込んでいる。財源は国の交付金と一般財源を充てる。

いい茶0
メールマガジンを受信する >