感染者数「情報なぜ翌日?」 御前崎市のLINE配信に疑問の声

 「なぜ翌日?」―。10日に開かれた御前崎市議会文教厚生委員会で、新型コロナウイルスの新規感染者数に関する市の情報提供を疑問視する意見が上がった。

新型コロナウイルスの感染状況を伝える御前崎市のLINE。8月20日以降は「県の速報の状況により」翌日配信となった
新型コロナウイルスの感染状況を伝える御前崎市のLINE。8月20日以降は「県の速報の状況により」翌日配信となった

 市はこれまで県の情報を基に、市内の1日の新規感染者数を当日の夕方にLINE(ライン)で配信してきたが、感染者が急増していた8月20日以降は翌朝の配信に切り替えている。健康づくり課は、県の情報が市町別の新規感染者数と、それぞれの感染者の特徴の2段階に分けて提供されると説明。全県的な感染拡大に伴い、感染者の特徴に関する情報が夜以降にずれ込むようになったため、翌朝まとめて配信しているとした。質問した市議は「市民は情報に飢えている。迅速な発信をしてほしい」と求めた。9月9日時点の市のLINE登録者数は8240人。
 近隣の牧之原、菊川、掛川市では少なくとも新規感染者数を当日中にホームページや公式の会員制交流サイト(SNS)などで配信している。

いい茶0
メールマガジンを受信する >