⚾出場枠拡大「37」初出場5校 高校野球秋季静岡県大会、11日開幕

 来春の選抜大会につながる第74回秋季高校野球県大会が11日、草薙など県内5球場で開幕する。大会は各地区を勝ち上がった36校に甲子園出場の静岡を加えた37校が出場し、上位3校が10月23日から愛知県で実施される東海大会に出場する。県独自の新型コロナウイルス警戒レベルが6の現段階では無観客で実施される。
 第1日は1、2回戦11試合が行われる。抽選会当日は未定だった残り2校の出場枠にはオイスカと掛川東が入った。今秋は出場枠が拡大したこともあり、初出場が藤枝北、静岡大成、科学技術、オイスカ、城南静岡の5校に上った。
 昨秋の県大会で4強入りし、21世紀枠で今春の選抜に出場した三島南は1回戦で島田と対戦する。植松-深瀬涼の昨秋からのバッテリーが盤石だが、稲木監督は「新戦力がどれだけ頑張れるか」をポイントに挙げる。このほか今夏の甲子園に出場した静岡や、新監督を迎えた東海大翔洋、浜松商なども初日に登場する。
 本県に発令されている新型コロナウイルス緊急事態宣言の期限が9日、月末まで延長された。これを受けて県教委から引き続き土日、祝日の部活動(練習)の中止が通達された場合は、3回戦(20日)以降の大会日程が変更される見通し。
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >