タイ工場8日間停止 スズキ方針

 スズキは9日、タイの四輪車工場の稼働を9月に計8日間停止する方針を明らかにした。
 世界的な半導体不足と東南アジアでの新型コロナウイルス感染再拡大に伴う部品供給不足の影響という。既に9月4、6の両日に稼働を停止した。10日以降、断続的に停止する予定。工場は同国中部ラヨーン県に立地し、従業員は約800人。
 同社は今月、日本で相良工場(牧之原市)など4工場で1~5日間、稼働停止を予定している。インドでは同月の四輪車生産が例年の6割減になる見通しで、部品調達不調の影響が国内外で広がっている。

いい茶0
メールマガジンを受信する >